2020.02.29

阪神・糸原健斗が目指すウザい男。
「相手が嫌がることをするのが仕事」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Koike Yoshihiro

 例年どおりハードなトレーニングで筋肉量を維持しつつ、今年は新たに「身体操作性」にこだわっている。自分の体をうまく扱うことを意識して取り組んだところ、さほど力を入れなくても打球が飛ぶことを実感したという。

 ただし、新境地を目指しつつも、糸原ならではの「汚れ仕事」は今年もまっとうするつもりだ。

「相手が嫌がることをするのが僕の仕事なので。いろんな球種を投げさせて、ベンチに伝える。『このバッター、ウザいな』と思わせたら勝ちですから。右打ちをしてランナーを進めることもそうだし、みんながやりたがらないことをやって、チームが勝てれば最高。たとえ地味なプレーでも、僕は一部のファンの人に評価してもらえればそれでいいです」

 力感のない新打法で精度を高め、持ち前の選球眼のよさで四球をもぎ取り、目指すは「出塁率4割」だという。
 
 また、糸原には昨季から「キャプテン」としての顔もある。プロ3年目からユニホームの左胸に「C」マークが入るのは、重荷だったに違いない。それでも糸原は「若い僕らでチームを引っ張っていかないと」と決意を込める。

 昨季シーズン終盤、阪神は奇跡的な追い上げで3位に食い込み、CSファイナルまで進出した。リーグ優勝を狙うためのいいイメージはすでにできている。

「このチームは勢いに乗ったら、すごくいい雰囲気になるんです。あとは負けが込んだ時にどう打破できるか。今年は連敗を少なく、連勝を多くしていきたいです」