2020.02.28

ヤクルト高津監督が語る奥川恭伸起用
「勝つための大きなピースになる」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike Yoshihiro

―― そういう意味で、新外国人のアルシデス・エスコバー選手(メジャーでゴールドグラブ賞)の守備力は魅力的です。

「彼にはサード、ショートで、バレンティンが打ったホームランに値するくらいの大きなアウトを取ってくれると期待しています。去年は、もちろん守備はおろそかにしてはいないのですが、アウトを取り切れなかったことが(リーグワーストの)チーム防御率につながった部分もあったと思います。リーグ2位の得点力があっても勝てないのはそういうところにも理由があったでしょうし、守備力がアップすれば、間違いなくチーム防御率は去年のような数字にならないと思っています」

―― 選手起用ですが、まず正捕手は誰を考えていますか。オフに嶋基宏選手を獲得するなど、争いは激化しています。

「正捕手は中村悠平です。トータルで考えて、現時点では中村です」
 

―― 内野手について教えてください。


「(山田)哲人しか決まっていないのが現状です。村上(宗隆)はケガで離脱中ですし、エスコバーにしても実戦を見ないと判断しづらいところがあります。逆に言えば、若い選手たちにとっては一軍に残れる、試合に出られるチャンスがたくさんあるということです。ただ、本来なら競争に勝って試合に出てほしいのですが、チーム事情で仕方なく一軍から呼ばれて試合に出られるのがスワローズの現状です。そのことは意識してやってほしいですね」