2020.02.23

甲斐拓也にどこまで迫れるか。
4年目九鬼隆平、危機感を持つ「勝負の年」

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Sawai Fumi

 一緒に個別練習をすることが多い栗原は、九鬼にとって身近なライバルでもある。栗原は九鬼と同じく高卒でプロ入りし、5年目の昨シーズンは32試合に出場し、プロ初本塁打も放った。

「栗原さんは競い合える間柄」と九鬼が話すように、追い抜かなければならないライバルであるが、共闘しながら成長できていることも実感。そんな環境下でスキルを磨いているが、ソフトバンクの捕手には"甲斐キャノン"でおなじみの甲斐拓也という絶対的な存在がいる。それでも九鬼は、今年を「勝負の1年」と位置づけている。

「2年目まではケガがあって思うようにプレーできない時期もありましたけど、3年目はケガなくフルでシーズンを戦えたことが自分にとっては大きかったです。だからこそ、見つかった課題もありましたし......。でも、勉強する期間は3年目で終わり。4年目の今季は、結果が求められる年になると思っています」

 かねてから課題と言われているスローイングの安定に努めつつ、このキャンプでは甲斐をはじめ、高谷裕亮ら先輩捕手のプレーにも目を凝らした。あとはそういった先輩たちと対峙できるよう、キャッチャーとしてのスキルを上げ、土台をつくり上げていかなければならない。

「プロに入ってからケガが多かったこともあって、体のケアやストレッチの意識が変わりました。去年はシーズンを通して戦えたといっても、体重が減った時期もあったので、試合が続くなかでどう維持していくか。今はトレーニングなどでしっかり体をつくることに時間をかけています」