2020.02.22

根尾昂が1年目に痛感したこと。
2年目は「自分のスタイルを貫きたい」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Koike Yoshihiro

 高卒ルーキーが年間を通してファームで経験を積めたと考えれば上出来にも思える。だが、根尾は「去年はやりたいことがまったくできなかった」と総括する。もっとも痛感したことは、「体の弱さ」だった。ケガをしたこと以外にも、打球の質を含めてプロとしての強さが足りないと感じたという。

 今年の春季キャンプ、打撃練習では時折、バットで背中を叩かんばかりのフルスイングでライトスタンドを軽々と越える大飛球を放った。その一方で、外角のボールを逆らわずにレフト方向へライナーで弾き返すなど、ボールごとに打撃を柔軟に変えていることがうかがえた。ところが、本人に言わせると「全部フルスイングしているんです」という。

「ボールによって多少変わりますけど、基本的にはフルで振りにいきます。外野を守っていても、やっぱり振る選手はいやですし、詰まったとしても外野手がスタートを切りづらいので。フルスイングはプラスの材料が多いと思います」

 昨季途中から、根尾はメディアに"福留打法"に変えたと報じられてきた。釣り糸を垂らすようにバットヘッドを三塁側に傾け、リストを柔らかく揺らして構える。それが福留孝介(阪神)の構えによく似ていたためだ。だが、"福留打法"について聞くと、根尾は苦笑を浮かべながら「まったくマネはしていません」と断言した。

「似ていると言われていることに関しては、すっごくうれしいです。でも、勝手に言われているだけで、高校時代からもともとそんな打ち方なので。そもそも、似せにいって似せられる人ではありませんから」