2020.02.14

ヤクルト進撃の起爆剤となるか。
名手エスコバーがチームに与える好影響

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike Yoshihiro

 吉田大成は社会人からプロ入りした2年目の選手だ。

「僕はほかの選手よりひとつ下の位置にいると思っているので、エスコバー選手を意識する段階ではないです。まずは守備からアピールしていきたいです。自分としては去年より勝負できる形になってきていると思っています」

 吉田は、エスコバーを意識することはないが、観察はしているという。

「キャッチボールがめちゃめちゃうまいですよね。きれいな縦回転のボールで、ほとんど相手の胸元にいっていると思います。キャッチボールがうまい人は守備もうまいので見習っていきたい。ノックでも、最初はジャンピングスローとか派手な感じと思っていたのですが、実際はすごく丁寧に捕って投げていますよね。メジャーでゴールドグラブ賞を獲る選手は、基本をおろそかにしないんだと思いました。今は観察しながら、吸収できるところを探して試していきたいです。これはエスコバー選手だけではなく、どの選手に対しても思っていることです」

 余談だが、吉田は昨年の夏頃から青木宣親のバッティングを観察し、参考にしている。そしてこのキャンプで、青木から直接アドバイスをもらった。

「僕がノリさん(青木)のフォームを参考にしているのを知っていてくれて、個別打撃の時にうしろから見てくれていたんです。で、(フォームが)似ているんだから『オレのバットを使ってみろよ』って貸してくださり、使ってみたらすごくしっくりきて......そしたら『じゃあこれ使えよ』ってくれました。大事に使います」