2020.02.14

ヤクルト進撃の起爆剤となるか。
名手エスコバーがチームに与える好影響

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike Yoshihiro

 エスコバーは朝のアップからチームと離れることはない。アップでは一つひとつの動きが新鮮なのか、「こうやるのか?」と愉快そうに体を動かしている。また、室内練習場での打撃練習が終われば、裏方たちと一緒になってボール拾いもする。

「自分はチームプレーヤーですから、勝利に貢献するのであれば何でもやります。なので、このキャンプのメニューもまったく問題ありません」

 シーズンに入れば、ビッグプレーでチームを救ってくれることを期待していますと伝えると、「重要なのは基本に忠実であるということです」と言って、こう続けた。

「守備に関しては、状況に応じることが大事なことで、まずは無難なプレーでアウトを取ることが大切です。アクロバティックなプレーはそうした積み重ねのなかから生まれるもので、私が心がけているのは、ステップと構え、そして正確な送球をすること。その3点です」

 エスコバーの守備は、チームにどんな印象を与えているのか。森岡良介内野守備・走塁コーチは「おそらく仕上がりとしてはまだ4割程度だと思うんですけど」と前置きして、こう話す。

「まず、基本にすごく忠実ですよね。そのなかで、打球をしっかりと自分のポイントまで引きつけて、捕球することができる。日本人には真似できないハンドリングの柔らかさがあります。もっと派手な動きを想像していたのですが、丁寧で堅実ですよね。チームのテーマである『取れるアウトを確実に取る』というのを意識してくれているのかもしれません」