2020.02.14

八重樫幸雄が明かす青木宣親のすごさ
「ボクシングで世界王者になれる」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――確かに若松さんも、「入団当初はバッティングに課題があったから、1年目はファームでじっくりと育てた」とおっしゃっていました。「野球を知らない」とは、どういう点で、そう感じたんですか?

八重樫 たとえば、彼は「バットの芯」を知らなかったんだよね。あの頃はラミちゃん(アレックス・ラミレス)もいたんだけど、彼はいつも試合前に、僕のところに3~4本のバットを持ってきたんだ。それで、「バットのバランスや芯の位置を見てほしい」って言うから、僕がバットをチェックしていたんだけど、そうしたら青木に「八重樫さん、何をしているんですか?」って聞かれて。「バットの芯を確認しているんだ」って答えたら、「バットの芯って何ですか?」と言われたことがあった。「こんなことも教わってこなかったのか」って驚いたけど、青木は野球推薦じゃなくて、実力で早稲田に入学したから、バットの細かいことまで教わる機会がなかったのかもね。

――前回の岩村さんについては、「入団後すぐに魅力を感じた」とおっしゃっていましたが、八重樫さんから見た青木選手の印象はいかがでしたか?

八重樫 岩村の時のような感じは抱かなかったかな? だって、体は小さいし力はないし、さっきも言ったようにバッティングも小さかったからね。だから、若松さんには「監督、ちょっと時間がかかると思いますよ」って言ったんだ。