2020.02.03

松坂大輔、古巣への想い。ホークス、
ドラゴンズでは言わなかったこと

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Kyodo News

「単純に人の投げているボールを見るのが好きなので、興味を持って見ていただけです。知ってる選手が少ししかいないので、知りたいなぁと思って......若い子が多いですし、期待されているんだろうなと思いながら見ていました」

「ドラ1の子が投げているのを見て、彼ら一人ひとりにチームを支えてほしいんだなという球団としての感じ(意図)は伝わってきました。それだけのポテンシャルはみんな持っているとブルペンを見て思いました」

「まだ最初なんで、投げているのを見て気になることがあっても、別に僕から言ったりはしないです。聞かれたら答えますけどね。他愛もない話から話しやすい環境をつくっていければいいかなという感じです」

「みんな、力が入っているなと思って見ていました。僕の1年目は東尾(修、当時の監督)さんに強制的にセーブさせられていたので、最初は立ち投げから入っていますし、変化球もカーブしか投げなかった。今は実戦練習に入るのも早いですし、昔とは違うと思うので、みんな2月1日にはそれなりの状態で来ているんだなと思いましたね」

「競争のなかでローテーションなり、開幕一軍のメンバーを勝ち取っていかなきゃいけないと思いました」

 持っている引き出しが多い松坂は、マウンドに立って投げられさえすれば、勝つための技術をいくらでも引っ張り出せる。だから、体調に不安がある分、慎重にはなるが、自らのピッチングにはずっと自信を持ち続けている。松坂はこう言っていた。