2020.01.21

「バレンティンの穴」を埋めるか。
塩見泰隆は「二軍の帝王」脱却を狙う

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike Yoshihiro

「メンタルの弱さだと思います。(前打撃コーチの石井)琢朗さんからも言われました。『お前の一軍の打席は、二軍でのどっしり感がまったくないな』と。たしかに、自分で映像を見ても一軍での打席の姿は小さい感じがするんですよ。

 ただ今年(2019年)に関しては、ウインターリーグやオープン戦で結果を残せたことで自信満々だったんです。阪神との開幕戦でも、代打で能見(篤史)さんの落ちるボールをうまく拾えて『これなら大丈夫だ。二軍の投手とそう違わない』と思えたんです」

 ところが、翌日の試合で5番打者としてスタメン出場した塩見だったが、阪神先発の岩貞祐太に2三振するなど、4打数無安打(3三振)に終わってしまった。

「1打席目に中途半端なスイングで三振してしまったんです。そこからメンタル的に崩れて、それを修正する方法がわからず、ずっと悪い連鎖が続いてしまいました。あの試合でウインターリーグとオープン戦での自信がすべてなくなり、琢朗さんにも『あそこがターニングポイントだったな』と言われました」

 塩見は続ける。

「子どもの頃はメンタルが弱いとは、とくに感じてなかったです。野球を始めたのは小学生の時で、中学、高校と好きで楽しんでいましたが、社会人になって野球でお金をもらっている責任感というか......。不思議なことですが、二軍では『これを試してみよう』など、積極的になれるのでうまくいっているのかなと。でも一軍では『打たなければいけない』という意識がどうしても強くなってしまうんです」

 この松山キャンプで、天真爛漫な塩見はチームに活気をもたらしていたが、「自分では大雑把な人間だと思っていたのですが、神経質だったことに気がつきました」と言った。

「完璧主義なところもあって、試合でも打撃練習でもきれいに打ちたいタイプなんです。松山キャンプでも芯に当たる割合が少なくなると『あれ、おかしいぞ』と、気持ちが沈んだままバットを振ってしまって。そういう時にコーチの方が『自分のスイングをしよう。三振しても凡打になっても顔を上げて、前を向いてやっていこい』と言ってくださるのですが......。僕が変わらないとダメですし、このキャンプでは考え方や気持ちの持ち方を課題に取り組んでいます」