2019.12.11

向上心の塊。西武ドラフト4位・
川野涼多に漂う「本物」の匂い

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Nikkan sports

 それからちょうど1年後の熊本大会で、同じ左投手相手に、今度は右打席に立ったから、さらに驚いた。タテのスライダーにフルスイングの空振りをしたあと、同じ軌道のスライダーを見極めた。そして次の打席では初球のストレートを右中間に打ち返した。この一打を見て、正真正銘の”天才”だと思った。聞くところによると、もともとは右打ちだったが、高校入学後にスイッチヒッターになったという。坂井監督が川野について次のように語る。

「スイッチヒッターって簡単に言いますけど、高校の3年間でモノにしようと思ったら、人の3倍ぐらい練習しないとできないですよ。やれるかどうか……体の強さと性格がすべてじゃないですか。川野はバッティング練習の順番待ちの間も、いつもバットを振っている子でしたからね」

 守備だって、高校生のレベルをはるかに凌駕していた。三遊間の打球を逆シングルで捕球し、流れた体勢のままストライクスローできるボディーバランスと肩の強さ。なにより打球に対する反応が抜群に早い。

「走攻守とも高いレベルでやれる子なのですが、逆に強烈な個性が見えにくい。贅沢な悩みというか、そんな心配をちょっとしています。この夏は『失敗しないように……』みたいな部分が見えましたが、もっと暴れてもいい。西武では、野手のなかで一番年下になるわけですし、おそらく一番下手でしょうから、ミスを恐れずプレーしてほしいですね。やんちゃ心で存分に暴れてほしいですね」

 見るたびに、こちらの想像を超えるプレーを見せてくれた川野。これからはプロの選手としてどんなプレーで驚かせてくれるのか。今から楽しみでならない。

関連記事