2019.12.08

カープの剛腕はスゴかった。
「なんならもう1回」とノーヒッター3度

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki


 僕は以前、何人かの元投手に取材して聞いていた。いわく、投手というのはまず完全試合を目指し、四球を出したらノーヒットノーラン、ヒットを打たれたら完封、完投、最終的には勝利投手の権利がかかる5回まで、というふうに考えるものだと。

「少しずつ目標を下げていくわけですね。なかにはそういう考えの人もおると思います。今の若い人でもおるでしょう。しかし私はそうじゃない。まずは自分で勝ってやる、なんです。3度も達成しているからといって、常に完全試合から下げていたんじゃないです。だいたい、巨人戦のときだって、三塁線、抜かれたと思ったのをダイビングして捕ったり、ツキがあった。確かに完全試合のときだけは、いける! って思いましたけど、1度目はもちろん、3度目の巨人戦も何もなかったんです」

 3度目でも、確実にスイッチが入る瞬間などなかったのだ。しばしの沈黙の後、外木場さんはテーブル上の資料に視線を送った。3試合分のスコアが載っている。

「これ、1度目は2対0、2度目も2対0、3度目は3対0です。どれも非常に競った試合で、1回から9回まで緊張のしっぱなしです。つまり、相手のピッチャーもよかった、いうことです。これがワンサイドゲームだったら、3つともできてないでしょう。だからね、最初にも言いましたけど、そういう記録は狙ってできるものではない。狙って本当にできるものなら苦労はしませんよ」

「苦労」と言いたくなるのも、逆に3度も達成できたからこそでは、と思う。あらためて、その投手人生のなかで、3度の記録はどのように位置づけられているのか。

「じつは私自身、あんまり思い入れやこだわりはないんです。鉄砲も数打てば当たるよ、ぐらいの。フフッ。周りの人にすれば、『3回もやってすごいんじゃね』となるんでしょうけど」