2019.12.04

期待のヤクルト新人トリオが猛練習。
凡事徹底と個性を磨き激アピール

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

「中山は、最初は力任せの打撃でしたが、上半身と下半身のバランスを意識することで日々成長してきました。松山キャンプでも非常にいい取り組みをしていました。中山が出てくることで、青木や雄平も刺激になるでしょうし、チームにとっても大きい。

 吉田は、たとえば無死二、三塁の場面で、相手野手が下がって守っている時に三振せず、内野ゴロでもいいから1点を取れるバッティングをしてほしい。そういう選手がベンチから信頼を得て、レギュラーになれると思っています。そのチャンスは十分にあると思います。

 濱田は、試合後に個別で室内(練習場)に行って打ち込んだり、夜間もスイングしていました。勉強熱心ですし、いずれ一軍で活躍できる選手になると思います。ただ、センスがいいだけに『これぐらいで十分かな』となりやすいので、そこはコーチとして気をつけたいですね」

 年長の吉田に3人の関係について聞くと、こんな答えが返ってきた。

「年齢は違いますけど、結構、仲がよくて、一緒にご飯を食べに行ったり、野球談義をしたり、本音でぶつかりあえる関係ですよ(笑)」

 一軍の試合で3人が揃ってプレーする日は、そう遠くはないはずだ。

関連記事