2019.11.12

門田博光、金田正一を偲ぶ「あの人が来て
暗いパ・リーグに花が咲いた」

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

 そして最後に、門田は400勝投手が生まれた背景を口にした。

「金田さんや僕らがやっていた時代というのは、野球選手だけじゃなく、サラリーマンでも、今よりははるかに夢があった。誰でも本気になれば天下獲りができましたから。でも、今はそうじゃないでしょ。どこもきちっと当てはめるようになって、ちょっとやそっとじゃ突き抜けられない。結果を出せば福沢諭吉は入るけど、天下獲りはできん時代になったということ。だから”400勝投手・金田正一”は、あの時代のなかでこそ生まれたスーパーマンやったということでしょう」

 アマチュア時代、ホームラン0本からプロ入り後、王貞治氏、野村克也氏に次ぐ歴代3位の567本塁打を放った門田もまた、あの時代だったからこそ球史に残る名プレーヤーになったのかもしれない。いずれにしても、天下獲りを夢見ることに困らなかった時代が、うらやましくも思えてきた。

関連記事