2019.11.07

コーチ陣が驚愕するヤクルト
村上宗隆の能力「まだまだ伸びる選手」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike Yoshihiro

 村上については「1年目の印象は、バットが振れていたこともそうですけど、やはり選球眼に驚きました」と言った。

「僕らの感覚でいうと、プロの世界に入って、まず何に驚くかというと、スピードよりも変化球のキレだったりするんです。村上の変化球の見極めは、高卒1年目とは思えませんでした。今回、約1年ぶりにグラウンドで見ましたが、ボールの捉え方や飛距離は、ほかの若い選手と比べたら数段上です」

 そして、こうも言う。

「今年の経験を生かして、配球だったり、試合の感覚だったり、今年よりさらに頭を使っていくためのアドバイスができればいいですね。今年はがむしゃらにやったでしょうし、常にホームランを意識していたと思うんです。そういう気持ちを押し殺す打席が増えていけば、成績は上がっていきますよ。絶対に三振は減るだろうし、四球の数は劇的に増えるはずです。

 極端なことを言えば、来シーズンは村上を警戒した組み立てになるはずです。おそらく、バットを振らなければボール先行のカウントになると思います。そこでどれだけ我慢できるか。村上には、我慢して自分有利のカウントをつくっていくことの大事さを話していくつもりです」

 村上はフェニックスリーグ終了後、すぐに愛媛・松山での秋季キャンプを迎えるも、下半身のコンディション不良により参加が見送られた。しかし、来年もコーチからの期待をいい意味で裏切る活躍を見せてくれるに違いない。

関連記事