2019.11.07

コーチ陣が驚愕するヤクルト
村上宗隆の能力「まだまだ伸びる選手」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Koike Yoshihiro

 約1年ぶりに見た村上について、「構えが若干ですが変わりましたね」と言って、こう続けた。

「そのなかで、力強さがさらに増した印象ですね。実際、外野フライだと思った打球が、そのままフェンスを越えていったり……。今回、久しぶりに話をしたのですが、青木(宣親)らの打撃を見て話を聞くことで、自分もその感覚がわかるようになってきましたと。自分のスタイルを大事にしながら、取り入れるところは取り入れることができる。まだまだ伸びる選手だなぁと、あらためて思いました」

 松元ユウイチ打撃コーチは、村上の第一印象を次のように語る。

「一番びっくりしたのは、ボールを飛ばす能力はもちろんですが、やっぱり選球眼です。僕の計算では、3年後ぐらいにはすごい選手になるだろうと思っていて、そのためにも1、2年目が大事になると考えていました。それが、2年目で一軍の試合で全試合出場ですからね。思った以上に成長が早かったです。今年の試合はテレビで見ていましたが、高めの速い球や左投手に苦労している印象はありましたが、そのなかであれだけの結果ですからね。すごいのひと言です」

 松元コーチは1年ぶりに会った村上について、「来年につながる練習をしていますよね」と言い、こう続けた。

「投手の配球やチームバッティングを考えて打席に立っていますし、三振は多かったですが、そこは二軍とのレベルの差といいますか……。そのレベルでの選球眼の向上も意識していたと感じました」

 来シーズンから松元コーチは一軍打撃コーチとなり、村上と1年を過ごすことになった。

「村上が一軍で2年目の壁を乗り越えるために、とくにメンタル面で手伝いができればと思っています。人間って”慣れ”が一番怖いですから。今年、石井琢朗さん(前打撃コーチ)たちとずっと継続している練習があったのですが、それ以上にやらないといけないと思うんです。正直、僕と石井琢朗さんは比べものになりませんが、僕にしかできないことがあると思っています。そこは、自信を持ってアドバイスできればいいなと」