2019.10.15

岡田彰布から鳥谷敬へエール。
「チームを強くする無形の財産がある」

  • 服部健太郎●文 text by Hattori Kentaro
  • photo by Kyodo News

 もしオレが監督だったら、今年、鳥谷をスタメンで使っていたと思う。もちろん、ショートで。単純に力があるヤツを使うという観点でいっても、鳥谷より総合力の高いショートって誰がおるの? この2、3年、鳥谷を押しのけるだけの力を持った選手は出てきてないでしょ? 若手も「鳥谷を越えていない」と感じているはずよ。

 開幕からスタメンで使っていたら、2割8分ぐらいは打ったと思うよ。さっきも言ったけど、鳥谷はじっくり見ながら勝負するタイプだし、代打には向いてない。4打席のなかで勝負するタイプで、四球を選べるから打数も少なくなる。トータル的に判断しても、ベンチに置いておく理由がない。

 世代交代は、追われる側のベテランがはっきり負けたと思えたらスムーズにいくんよ。鳥谷に代わってショートを守った選手が、不動のレギュラーになったのなら、納得できた部分はあったと思う。でも、選手というのは毎日一緒に練習しているから、「まだあいつには負けていない」とか、そういうのはわかるもんなんよ。だから、現役を続けたくなる気持ちは理解できる。

 ただ、引退勧告からの退団という流れになってしまったのは残念。いまさらどうしようもないけど、もっと違うやり方があったんちゃうかと思ってしまうよね。昔から阪神の歴史を知っている人は、「またか」と思っているかもしれんけど......(笑)。

 いずれにしても、鳥谷を欲しいという球団はあると思うよ。野球と向き合う姿勢がすばらしいし、ゲーム以外の影響力も大きい。今でも、誰よりも早くグラウンドに来るし、とにかくストイック。チームにとって絶対プラスになる無形の財産を持ってる。

 どこに行こうが、自分が納得するまでやり続けてほしい。そして、まだまだできるというところをファンに見せてほしい。オレはまだやれると思ってる。絶対やれるよ。

関連記事