2019.09.23

飯田哲也が西武戦で痛恨の落球
「野球人生でもっとも思い出したくない」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

【コーチの指示を無視して、ホームに突入】

当時を振り返る飯田氏 photo by Hasegawa Shoichi――広沢(克己/廣澤克実)さんも、池山(隆寛)さんも、「初戦は緊張で足が震えた」と口をそろえていましたが、飯田さんはそうではなかったんですね。

飯田 だって、お祭りですから(笑)。野村監督もよく言っていたけど、「勝負事はやってみないとわからない」と思っていました。でも、野村さんはよく「初戦は様子見だ」とか、「初戦は勉強だ」って言っていましたけど、本心は「初戦は絶対に勝ちたい」と思っていたはずです(笑)。

――では、1992年の初戦で、代打の杉浦(享)さんがサヨナラ満塁ホームランで初戦を勝利したのは、とてもうれしかったでしょうね。

飯田 ホッとした部分はありましたね。勝って当たり前の西武が初戦に負けてしまった。「おっ、もしかしたらいけるかも?」って思うじゃないですか。

――では、具体的な場面を伺います。1992年のシリーズ初戦、3回裏。ワンアウト二塁で、二塁走者が飯田さんでした。飯田さんのタイムリー二塁打で、1-1の同点とした後の場面です。

飯田 はい、あの場面ですね(笑)。バッターが二番の荒井(幸雄)さんでしたから、「ワンヒットで返ろう」という意識しかありませんでした。

――そして、荒井さんがライト前にヒット。ここで二塁走者の飯田さんは、サードコーチャー・水谷新太郎さんの「止まれ」の指示を無視してホームに突入し、見事にセーフ。2-1と逆転に成功します。

飯田 この場面、スタートがものすごくよかったんです。サードコーチャーが止めていたのはもちろんわかっていたんですけど、勢いがつきすぎて止まれなかったというのが本当のところです。

 ライト・平野(謙)さんの送球はチラッと見えました。(キャッチャーの)伊東(勤)さんが捕球態勢に入っているのが見えたので、体当たりしても負けちゃうので、「回り込むしかないな」と思いながら、ホームに突っ込んでいきました。伊東さんをかいくぐりながら右手でベースにタッチしたんですけど、自分でも会心のスライディングでしたね。