2019.08.20

今季中のNPB復帰は消滅も、西岡剛
「野球を続けることに変わりはない」

  • 岡部充代●文 text by Okabe Mitsuyo
  • photo by Okabe Mitsuyo

── とくに阪神は、報道陣が多かったですからね。

「独立リーグは、ファンも毎回何万人というわけではないし、チラホラしかいないし、記者なんかめったに来てくれない。そういう意味では、『あの時って、すごい感謝せなアカンことやってんな』と思ったりします。人って、離れて気づくことが多いんですよね。とくに僕は、そのへんが賢くなかったと思うんで。やりながら気づく人はたくさんいると思うんですよ。でも、僕はそこに気づけなかった。野球さえできたらいいやという感覚だったので。

 でも、いろんな経験をして気づけたから、身近なプロ野球選手には伝えるようにしています。中田翔(日本ハム)とか、まだピンと来ないと思うんですよ。もちろん、わからなくていい。わかり過ぎても伸びしろがなくなってしまうんで。だから、頭ごなしに言うつもりはないですけど、僕が経験したことを伝えておくのは、アイツらにとってはちょっとした"保険"にもなると思うので。そういうことも伝えたいなと思いますね」

── ユニフォームを脱ぐつもりはないということですが、ファンは安心していいですか?

「僕にどれだけのファンがいてくれるのか、わからないですけど(笑)」

── 滋賀・甲賀の試合(8月7日、対オセアン滋賀ユナイテッドBC)にはロッテや阪神のレプリカユニフォームを着たファンがたくさんおられました。

「ありがたいですよね。だから、続けます」

── 野球、楽しく感じられていますか。

「楽しいですよ。そりゃあ、しんどいこともたくさんあります。でも、しんどい以上に、この独立リーグに入って、自分自身が乾いたスポンジみたいになっているんですよね。いろんなことを吸収できている。人それぞれ考え方が違うじゃないですか。取り組み方も違う。それが、すごい勉強になっています。逆に、僕の意見を若い子に伝えても、10のうち10をやる必要はなくて、そのなかの1でも0.5でも意識改革があれば、彼らにとってプラスじゃないですか。そういう感じですよね」

── たとえば来年、指導者として残ってくれと言われたらどうされますか。

「残らないです」

── 自分で納得いくまでプレーを続ける?

「はい。野球が好きなんで」