2019.06.17

草野球の魚屋さんからプロの大エースに。
土橋正幸が歩んだ下町ドリーム

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki

「それで雷門の『フジキッチン』っていう洋食屋。タイガースが東京に遠征に来ると、それこそ土井垣、別当薫とかが飯食いに来てたんだけど、その関係で店のオヤジが『東映だったら紹介してやるよ』って。当時、土井垣さんは東映にいたんですよ」

 全480名が参加したテストに、土橋さんはフランス座のユニフォームを着てチームメイトとともに受験。チームメイトは落選したが、100m以上は投げた遠投をはじめ、土橋さんは全部門で1位の記録を出し、合格者7人のうちの1人となった。ただ、慣れない硬球で体は大丈夫だったのか。

「テストが決まってから、うちの近所で兄貴とキャッチボールしたりした程度で、未経験でしたよ。でもね、硬いボール握っても、わたしは手がでかくて肩も強かったから、そんな違和感なかったね」

 現役時代の土橋投手を評する往時の野球雑誌に、〈タフ〉〈底なしの体力〉〈ファイトマン〉といった言葉があったのを思い出す。持って生まれた丈夫な体が軟式から硬式への転向をスムーズにし、魚屋からプロ野球への道も開きやすくしたと言えそうだ。

「受かったあと、当時の監督に『一生懸命やったら、おまえはものになるかもしれねぇ。やらねぇか?』って言われた。それから両親にね、『俺は家の状況で大学も行かなかったし、3年だけやらせてくれよ』って頼んだ。そんで月給5000円で入ったんだけど、最初は二軍でね。ストライクは入らないわ、ランニングやればケツ走ってるし、ノックバットでぶん殴られたりね。

 まだ二軍専属のコーチもいないし、先輩も教えてくんない。仕方ねぇから外野の塀に丸書いてさ、ボール1個でそこに投げてるって、そんなんですよ、あの頃のプロは。でも、わたしはなんにも知らないから、こんなもんだと思ってやってた。暴投を投げてスタンドに入れちゃうと、自分で上がって取りに行くんですよ」

 55年、土橋さんの入団年にイースタン・リーグ、ウエスタン・リーグが結成されているが、前年まで二軍専用の球場を持つ球団は皆無。まして指導体制も整っておらず、自ら努力、工夫するしかなかった。