2019.06.17

草野球の魚屋さんからプロの大エースに。
土橋正幸が歩んだ下町ドリーム

  • 高橋安幸●文 text by Takahashi Yasuyuki

「母親にはね、『フランス座を手伝う』って言っただけで、『そんなおまえ、ストリップの片棒なんか担ぐんじゃないよ』って怒られちゃった。そしたら社長がうちへ来て、親父に『息子さんをお願いします』って。言われても親父は知らないから、『おまえ、頼まれるほど野球うまいのか?』ってなっちゃった。『いや、うまいかまずいかは別だけど、手伝ってくれって言ってんだからやらしてくれよ』と言ったら、『まぁしょうがねえな』って。それで手伝ったんですよ」

 草野球にして、プロのスカウトが選手の親を説得に来たようなシーン。本格的というか、普通に真剣になるほど野球が盛んで生活の一部だったということか。ともかく、補強されたフランス座は台東区の予選で優勝。後楽園球場での本戦に進出して第一戦、前年度優勝チームの府中刑務所を破った。

「その試合、社長が踊り子を呼んでね。まぁ、ヘソこそ出さないんだけどさ、ベンチの上でフラダンスみたいな応援、出したんだよ。ほら、ストリップはお手のもんだから。そしたら読売新聞がね、〈府中刑務所は踊り子を見て野球に集中できない〉って、だーんと記事になって。それがまず第一戦。そのあと、どんどんどんどん勝って優勝した。ほんでわたしは投打に活躍だよね。そしたらさっきの船戸さんが、『おい、正坊。プロのテスト受けようぜ』って言ってきた。でもわたしは魚屋手伝って忙しいし、『23区で優勝したぐらいで受かるほどプロなんか甘くねぇよ』って言ったんだよ」

 ときに1954年、高校を卒業して19歳。そもそも高校野球をやるという道はなかったのだろうか。

「いや、高校は一応卒業になってるけど、魚屋がものすごい忙しくなって、店を手伝ってるうちに学校行けなくなって。で、ちゃんと商売を覚えたら支店を出してやるって母親に言われてね。ということで、『俺はもう魚屋をやる』って決心しちゃったんだ。だからプロのテストなんてまったく考えもつかなかったんだけど、船戸さん、履歴書も出しといてくれてさ、なにしろ行こうって」

 ある文献資料には、〈高校卒業後に家業を手伝っていたなかで東映のテストを受けた〉とあった。が、実際には「卒業」以前から鮮魚店の支店開業を目指していたのであって、土橋さんにとって、いかにプロ野球が縁遠い世界だったか思い知らされる。だからこそ「魚屋からプロへ」なのだ。