2019.06.09

「矢野ガッツ」が阪神を変えた。
赤星憲広が考えるチームの好材料

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

──打撃陣については、大山悠輔選手の四番としての存在感が増したように思います。赤星さんの印象はいかがですか?

「大山は、昨シーズンよりも楽に打席に入ることができているんじゃないでしょうか。近年のタイガースは打撃陣の調子が全体的によくなく、その全責任が四番に押しつけられてしまう傾向にありました。しかし今シーズンは、近本や梅野などに注目が分散されたことにより、少し調子が落ちても批判が集中しないようになったと思います。

 そうなれば、矢野監督も大山の成長をじっくり待つことができる。現在は一番から三番までの出塁率が高く、順調に打点を挙げることができているので、それも自信になるでしょう。また、精神的な余裕が、もともと評価が高い守備にもプラスに働くでしょうね」

──矢野監督の采配についてはいかがですか?

「近本や木浪をいきなりスタメンで起用する大胆さ、その成長を待つ忍耐力もすばらしいですね。そして今は、開幕当初よりも采配がしやすくなっているはずです。少なくとも、近本、大山、梅野という3人をすんなりとメンバー表に書き込むことができ、それを軸に戦術を練ることができるわけですから。その点は、上位打線を固定してリーグ3連覇を果たした広島と重なる部分だと思います」

──"矢野ガッツ"とも呼ばれる、感情を前面に出す姿も話題になっていますね。

「最初は、大差で負けている時のシングルヒットでガッツポーズをしたり、サヨナラホームランを打った選手を誰よりも早く出迎えたりということに、違和感を覚えたファンもいると思います。しかし矢野監督はそれを貫き、明るさがチーム内に浸透してきましたよね。ペナントレースは長いですし、『常に先を見てポジティブにいこう』という監督の思いが、選手にも伝わったのでしょう」

──今後もチームが好調を持続するために、また、来年以降を見据えた時にさらに必要なことはありますか?

「より激しいポジション争いですね。とくに外野陣の若い選手たちが、近本の活躍を見てどう発奮するかに期待しています。6月1日に福留(孝介)が登録抹消になった今こそ、高山(俊)などが首脳陣にアピールするチャンスです。もちろん福留は、経験豊富で年齢を感じさせないプレーを見せてくれていますが、彼が復帰した時にスタメンを脅かす存在になってほしい。そういった選手が出てくることで、チームはより磐石になってくると思います」

関連記事