2019.05.30

上原浩治が大学時に見せた衝撃投球。
敵将は「とんでもない選手になる」

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Kyodo News

 どんなポジションでも自分の力を最大限発揮する。100勝、100ホールド、100セーブという記録は、今後現れることのない”不滅の大記録”になる可能性は大だ。それほど、上原の才能は突出していた。

 あの試合で上原の才能を見抜けなかったのは不徳の致すところだが、どんなに活躍しても驕ることなく、常に上を目指してきたからこそ「超一流」の投手へと上り詰めたに違いない。

 今後のことは何も明かされていないが、卓越したピッチング技術をひとりでも多くの若者に伝えてほしいと願うばかりだ。

関連記事