2019.05.25

斉藤和巳が燃え尽きた試合。
絶望へと繋がる稲葉篤紀に投じたあの一球

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

【魂と意思と責任をボールにこめて】

 それから13年が経った今も、稲葉への投球を的場は強烈に覚えている。

「1球目のストレートがいいボールすぎました。『これで打たれるはずがない』と思いました。あとで稲葉さんが『フォークを狙っていた』と聞きましたが、僕が出したサインは間違っていない。

 セカンドにゴロが転がって、小笠原さんが二塁に全速力で走るのを見て、『間に合わない』と思いました。三塁コーチャーを見たら、白井(一幸)さんが腕を回していたから、『ホームに投げろ』と言ったんですが、野手には聞こえませんでした」

 ショートの川﨑からの送球を受けた的場はそのまま崩れ落ちた。

「全員がベストプレイをした結果です。和巳は全力で投げた。仲澤も川﨑も、一塁ランナーの小笠原さんも、やるべきことをやった。ちょっとした差が勝負を分けただけ。送球を受けた瞬間、和巳がうなだれているのが見えて、『あぁ、終わったんや・・・・・・』と思った瞬間、緊張の糸が切れました」 

 もう一度あの場面に戻れるとしたら、どんな選択をするだろうか。

「同じサインを出すでしょう。後悔はありません。ただ、森本をフォアボールで出したのはもったいなかった。あれでスタジアムの雰囲気が変わってしまった。ファイターズの応援がものすごく盛り上がって、『嫌だなあ』と思いました。和巳のいいストレートを見逃して、フォークを狙って、センターに強い打球を打った稲葉さんがすごかった」

 ゲームセットのあと、斉藤がどうしたのか、的場は知らない。

「みんなで『和巳がいない』となって探したんですが、見つからなかった。もし会っても、かける言葉がなかったでしょうね。僕はホテルの部屋に戻って、ずっとひとりでいました。この試合について、和己と細かい話をしたことがありません。でも、きっと彼も後悔はないでしょう。魂と意思と責任をボールにこめて投げるピッチャーでしたからね」

【斉藤和巳というピッチャーのすべてが見えた】

 マウンドに右手を着いたまま動かない斉藤に肩を貸し、ベンチまで抱えて歩いたのは、フリオ・ズレータとホルベルト・カブレラのふたりだった。9回を投げ終えて燃え尽きた192センチのエースは、大柄の外国人選手ふたりがかりでなければ動かせなかった。

 そのシーンを、療養中の王が見ていた。

「あのシーンに、エースの責任感が表れていた。斉藤和巳というピッチャーのすべてがね。どれだけ責任感を持ってマウンドに上がっていたのか、どんな思いで勝つことを目指していたかがわかった」

 当時、巨人に在籍していた小久保裕紀もテレビで試合を観戦していた。

「外国人選手に抱えられながらベンチに戻るのを見て、『オレがグラウンドにいたら、最初に近づいていって、連れて帰ってやったのに』と思いました。試合後にはきっと、人目につかないところにいたはずです。悔しすぎて、ひとりになりたかったんでしょう」

 斉藤は身を削る覚悟でマウンドに上がり、敗れた。