2019.05.10

黒田博樹から受け継がれる「カープ魂」。
広島を陰で支える男の証言

  • 前原淳●文 text by Maehara Jun
  • photo by Nishida Taisuke

―― 12球団のなかでも広島の選手とのつながりが深いように感じます。

「一番はカープ球団の理解の深さがあると思います。先ほども言ったように、我々はコーチやトレーナーとは違います。プロ野球の深い部分での経験はありませんし、体のケアの専門家でもありません。できることは『理にかなったカラダの使い方、操り方をマスターしていただくこと』だけ。そこのところを球団は理解してくれているのだと思います」

―― 大瀬良投手以外に、楽しみな素材だと感じた選手は誰ですか?

「岡田(明丈)さんはフィジカルがすごいですね。びっくりしました。工房で投げてもらったのですが、至近距離で見るとカラダの使い方は暴力的(笑)。あれは腕をスイングさせているのではなく、殴りつけているようにすら感じます」

―― 岡田投手へのアプローチはどのように考えておられますか。

「我々が岡田さんに提供できることは、『毎回同じ場所、同じ方向に安定的にリリースするために必要なことは何かを提示すること』だと思っています。体操で補えると思っています。これから回数を重ねていけば、徐々にカラダの使い方をつかんでいってくれるでしょう。我々は安定感を増すために取り組んでいますが、気がつけば160キロというのも起こりうるんじゃないかと思っています」

―― フォームは千差万別ですが、体の力を最大限に使う術は同じということでしょうか。

「野球だけでなく、どんな競技にしても根っこにあるものは同じであり、理にかなう操作というのは万人に共通しています。ただ、同じ右投手でも大瀬良投手と岡田投手とでは違いますし、投げる球の質も同じではないはずです。そこにその選手の個性があり、温存すべき最大の魅力だと考えています」

―― 左投手では、オープン戦で150キロを計測した中村恭平投手も工房に通われている選手のひとりです。

「左で150キロを出すってすごいことですよね。まだ、そんな人がいたのかと……。プロ野球界は、みなさんが思っている以上にスーパーマンの集まりなんだと思います」