2019.04.27

ポンセ、突然ユーチューバーに。
その狙いと近況を本人に直撃した!

  • 桜田進ノ介●文 text by Sakurada Shinnosuke

 深夜、いつものようにYouTubeでプロ野球関連の動画を見ていると……あれ? おすすめ動画のリストにどこかで見たような顔が……。むむっ、この優しそうな初老の外国人は、かつてホエールズで大活躍したカルロス・ポンセ選手ではないか? サムネイルにも”ポンセです!!”とはっきり書いてある。  

 再生ボタンをクリックしてみると、「こんにちは、私はポンセです、ユーチューブ、はじめました」と、にこやかに自己紹介がはじまった。ややハスキーな声で語られるのは、なんと日本語だ。チャンネル名は「カルロス・ポンセ公式」。これはいったい、どういうことなのか?

突然、登場したカルロス・ポンセ公式チャンネル。ユニフォームが懐かしいぞ!

 カルロス・ポンセ選手といえば、1986年から1990年まで5シーズンにわたって横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)に在籍した強打者だ。本塁打王(1988年)、打点王(1987年、1988年)を獲得したバッティングに加え、口ひげをたくわえたラテン系のルックスから”スーパーマリオ”と呼ばれて親しまれた。当時の少年ファンなら、「バモス、ポ〜ンセ♪」という応援歌がちゃんと聴き取れずに「ポポポ、ポ〜ンセ♪」とテキトーに歌っていた思い出もあるかもしれない。

 そんな横浜のレジェンドであり、ホエールズ〜ベイスターズのオールドファンには忘れられない存在の彼が、なぜ今になって日本向けのYouTubeチャンネルなのか? 

 気になってしかたないので、Twitterからコンタクトをとり、本人を直撃してみた。動画のタイトルにも「カルロス・ポンセ(本人)です!」と書いてあることだし……。