2019.03.28

4人の解説者がパ・リーグ順位予想!
本命は全員同じ。では対抗馬は?

  • スポルティーバ●文・写真 text&photo by Sportiva

◎斎藤雅樹氏

1位 ソフトバンク

2位 西武

3位 日本ハム

4位 楽天

5位 オリックス

6位 ロッテ

 パ・リーグは力のあるチームが揃っていて、どこが優勝しても不思議ではありません。そんななかソフトバンクを1位にした根拠は"経験力"です。ここ数年の戦いを見ても、勝ち方を知っているチームですよね。現場、フロントが一体となって取り組んでいる証だと思います。シーズン序盤で大失速しない限り、優勝争いに加わってくると思います。

 西武は投手力に不安を抱えています。菊池雄星が抜けたことはもちろん大打撃ですが、リリーフ勝負となると分が悪いですよね。去年は不安のある投手陣を強力打線が見事にカバーしましたが、今年も同じ野球ができるかどうかがカギになります。

 3位は投打のバランスのよさで日本ハムにしました。飛び抜けた選手はいないのですが、出塁率の高い選手が多く、点の取り方がうまい。それに大田泰示も覚醒の予感があるし、昨年以上に得点力は上がるような気がします。

 楽天の強みはリリーフ陣です。抑えの松井裕樹、フランク・ハーマン、森原康平と終盤を任せられるピッチャーが揃っている。勝ちパターンを持っているチームは強いですから、上位に食い込むだけの力はあると思いますが、先発がどこまで耐えられるが不安でこの順位にしました。

 オリックスは若手中心となり、化ける可能性は大いにあります。リリーフから先発に転向する山本由伸なんて日本を代表するピッチャーになる資質を持っている。彼のような選手が突き抜けてくると、チームはガラッと変わりますので楽しみではあります。

 ロッテですが、若手の野手が育ってきていて、ブランドン・レアードも加入するなど、打線はよくなりました。ただ、投手陣がちょっと弱いかなという印象があり、最下位にしてしまいましたが、井口資仁監督のやりたい野球がだいぶ浸透してきたのかなと思いますし、若手が多いということは勢いがありますので、Aクラスも十分に考えられます。