2019.03.26

ヤクルトの頼れるベテラン4人衆。
目指すは「世代融合」の攻撃野球

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 後日、バレンティンに今シーズンの意気込みについて話を聞くことができた。バレンティンは今回のキャンプ、オープン戦の試合前練習で「ゲンキダシテ」と声を出し、小川監督やコーチ陣、選手たちに積極的に話しかけにいく姿が印象的だった。

「チームは家族です。そういう意味で、野球だけではなく日常の会話をすることで雰囲気もよくなるんじゃないかと......。オープン戦の成績はあまりよくありませんが、チームはシーズンに向けていい準備ができていると思います。僕自身は個人的な目標はありませんが、昨年以上の成績を残すことで、それがチームを助けることになるし、リーグ優勝にもつながると思っています。キャリアを重ねているので、個人タイトルよりもみんなで優勝を勝ち取りたい」

 ヤクルトの上位打線は、この4人に山田哲人が加わり、小川監督は「1番から5番は変えようがありません」というほど超強力である。

「あとは下位打線の頑張りですよね。打つ、打たないではなく、出塁するということを重視してほしい。下位打線が機能すれば、とんでもなく点が取れる可能性がありますからね。さらに言うと、下位で走れる選手がいてくれるともっと大きいんですけど......。そういうことを含めて、僕たちも知恵を絞らなければいけないと思っています」(宮出コーチ)

 チームには廣岡大志、村上宗隆、塩見泰隆といった若手に"躍進"の予感が漂い、ベテラン4人にとっても刺激になるはずだ。坂口は言う。

「それはプロに入った時から、野球を始めた時から競争は続いていますからね。そこに左右されず、自分のことをまずはしっかりという気持ちでやっています」

 頼りになるベテランと勢いのある若手がうまく融合すれば......ヤクルト打線はどんな破壊力を見せてくれるのか。その期待感の大きさは計り知れない。

関連記事