2019.03.10

転職サイト登録→まさかのドラフト7位。
26歳で始まる奇跡のプロ人生

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • photo by Kyodo News

 最速154キロを誇る奥村をってしても、ドラフト上位右腕が叩き出すストレートは球威、スピードともに異次元だった。さらにチームには千賀滉大や森唯斗といった日本代表クラスの剛腕もいる。奥村も140キロ台後半のストレートをマークするも、やはり"居心地の悪さ"は感じていたという。

「カーブ、スライダー、カットボール、フォークとすべての球種を使い切ること。顔を振って体を大きく使うフォームもそうだし、ボールを動かすこと。自分は経験によって練り上げてきた投球術で勝負するしかない」

 全球種が解禁となった第3クール以降は、状態も評価も上昇。シート打撃で対戦した柳田悠岐から「お前のような球は見たことがない。面白いと思うよ」と肩を叩かれ、工藤公康監督からも「真っすぐは素直な回転じゃない。持ち味が出せていた」と賞賛された。

 また倉野信次コーチは「ブルペンよりも実戦で映えるタイプ」と語るなど、開幕一軍に向けて着実に歩を進める奥村の現状を評価する

「突然のケガだとか疲労のたまり方だとか、目に見えない部分に対する怖さはありますが、目に見えているものに対する恐怖心はいっさいありません」

 強気の姿勢を崩さない26歳のオールドルーキー。幾度の危機を乗り越えてきた男の矜持を見たような気がした。

関連記事