2019.02.28

清宮幸太郎の助言で自信。
ソフトバンク高卒ルーキーに漂う大物感

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • photo by Kyodo News

 キャンプ初日にマイヘルメットを忘れ、スタッフに宿舎まで取りに帰ってもらう”失態”を演じてしまったが、臆することなく堂々とプレーする姿からも大物感が漂う。そして野村が自信を持つきっかけとなったのが、清宮のこんなアドバイスだった。

「オレが見てきたなかでもお前の打撃センスはすごいものがある。お前のスイングの強さとミート力があれば、1年目からでも十分にやっていけるから」

 12球団屈指の戦力を誇るソフトバンクだけに、一軍までの道のりは長く険しい。ただ、清宮の言葉を実証していく野村の姿を目の当たりにしてしまうと、一軍デビューの日もそう遠くはないのではないと期待してしまうのである。

関連記事