2019.02.24

ヤクルト石川、寺原、近藤が運命的邂逅。
01年ドラフト、驚きの秘話

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Sportiva

近藤 そこからですよね。近鉄はドラフト1位で石川さんを指名する予定だったのが、状況が変わってしまった。石川さんが”消えた”ことで、左ピッチャーを多く獲る必要が出てきた。それによってどんどん(右ピッチャーの)指名の枠が減っていき、ドラフト当日になって近鉄のスカウトから「近藤は指名できません」という話が学校にあったそうなんです。

石川 そんなことがあったんだ。

近藤 僕自身、そんなことは知らなかったですけど。ドラフト前は新聞や雑誌に”日大三高の近藤”の名前は結構出ていたので、ドラフトはかかるものだと思っていましたから。

寺原 ハハハ(笑)。

近藤 ドラフトが進み、チームメイトの3人はすでに指名されて、僕だけが残っているという状態になったんです。結局、最後の方(7巡目)で指名してもらえましたが、近鉄の石川さんの1位指名がなくなったことで、本当にきわどいところだったんです(笑)。これが、僕のプロ野球の世界の始まりです。

石川 結果オーライだよな(笑)。

寺原 その経緯はまったく知らなかった。僕は僕で、ドラフトには大きなプレッシャーがあったんで。4球団が1位指名してくれたことはうれしかったけど、当時は松坂(大輔)さんと比べられていたので、それがすごいプレッシャーで……個人的にはそれで大変だった(苦笑)。

石川 テラと近藤とは、年齢は違うけど同期ですからね。プロ18年目になって、ドラフトの同期も少なくなっているし、現役を長く続けたいという思いはみんな同じだろうし、仲間意識は勝手に持っています。でも、こうやって不思議な縁を持った3人が集まるとは考えもしなかった。みんなタイプも違うし、やってきたことも違うし。

寺原 18年後に3人がこうした形で集まったのは、何か運命ではないですけど……本当にいいめぐり合わせだと思うし、思い出話が楽しくなるんじゃないかと。

近藤 グラウンドレベルでは一緒に行動するかといえば、バラバラです。それぞれの調整方法がありますから。ただ終わったあとは、ホテルの食事でも、何時から何時までって時間は決まっているんですけど、だいたい開店と同時に3人は必ずいるという。そのあたりのリズムは一緒なんです(笑)。