2019.02.17

異色の経歴ソフトバンク高谷裕亮。
抑え捕手の役割は「かなり痺れる」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

──現在の投手陣をどう見ていますか?

「頼もしいメンバーがたくさんいますね。パワーがある投手や技巧派の投手などが左右両方でいて、先発、中継ぎともに穴がない布陣になっていると思います」

──過去にはこれまでも頼もしい投手たちのボールを受けてきましたが。

「現在もチームにいる和田(毅)さん、斉藤(和巳)さん、杉内(俊哉)さんたちがいた時代は、"投手たるもの先発完投"という意識が強く、『俺の力でリリーフ陣を休ませるんだ!』と、メラメラした空気が漂っていたように思います。投手の"分業制"が進んだ今でも、先発の投手陣にはその意志が受け継がれていますね」

──最後に、チームの目標と自身の目標を聞かせください。

「チームとしての目標はリーグ優勝です。昨年は2位になってしまったのでみんなが悔しがっている。今季はリーグ優勝から3年連続の日本一を手にするために、チーム内の競争が激しくなっていることを感じます。個人としては、プロ野球選手である以上は全試合出場を目指します。そのためにも、いかに自分がチームに貢献できるかを常に考えて新シーズンに臨みたいです」

関連記事