2019.02.10

オーラ復活。長野久義の
第2のプロ野球人生に恩師が太鼓判

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

「移籍決定からのコメントを見る限り、長野には都市対抗で優勝した頃のような覚悟を感じるんです。ロッテの指名を断った時、私は『3度目はないかもしれない。しかも北海道や千葉の人たちをはじめ、ダーティーなイメージを与えているんだ。それでも我を通すというなら、辞める覚悟でやれ!』と言ったことがあるんです。そうしたら、MVP級の活躍で都市対抗優勝に貢献して、周りの人間を黙らせてしまった。

 それだけの覚悟を持って野球に取り組んだら、とんでもないことをやってのける選手なんです。『3連覇している強いチームに選んでいただいたことは選手冥利につきる』というコメントを見た時、長野は大きすぎた過去と決別しようとしているのだろうと感じました。まさに10年前の社会人時代と同じ覚悟。オーラが戻ってきたのです」

 ファンの間では、丸の穴を埋める戦力としてだけでなく、かつての黒田博樹や新井貴浩が担ってきた"支柱"としての役割を、長野に期待する声も多い。しかし、江口は「それを求めるのは酷」と語る。

「努めて明るく振る舞っていますが、(新しい環境に)簡単に溶け込めるほど器用な男ではありません。心を開くのに時間がかかるタイプですから」

 恩師から送られた数々の檄に、どのような結果で応えていくのだろうか。長野にとっての第2のプロ野球人生が、いよいよ幕を開ける。

関連記事