2019.02.08

清宮幸太郎インタビュー。ホームランへの
こだわり、父、そしてイチロー

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Sportiva

―― なるほど、調子に乗らないっていうのはつまり頑張り過ぎないってことですか。

清宮 まぁ、そうっすね(笑)。

―― 去年、プロの世界でやってみて、技術的な課題をどう感じたのでしょう。

清宮 技術的なことというよりは、メンタル的なところかなと思っています。(プロに入ってから)しっかり身体も鍛えられていますし、同じスイングをしていればその分、スイングスピードも速くなっていくと思いますから、そこらへんはあんまり気にしていません。むしろ打席での考え方とか気持ちの持ち方、あとは(同じピッチャーと)たくさん対戦するので、データとか、どういう傾向があるのかとか、そういうことを頭に入れながらやれればな、と思っています。

―― そのプロのピッチャーの攻め方のなかで、厄介だなと思ったことはありましたか。

清宮 タイミングですね。去年は差し込まれるケースが多くて、そうするとファウルになってしまうんです。僕はゆったりタイミングを取るほうなので、もっとゆとりを持ちながらタイミングを取ってみたり、始動を早めてできるだけ打ち損じをなくすとか、そういうところを詰めていければと思っています。落ちる球についてはたくさん見て身体で覚えたいということに尽きますし、インコースの高めに投げられることも多いんですけど、そこはストライクだから打ってやろうというんじゃなくて、もっと自分の打ちやすいところに絞って、得意なところを打つというふうにして打てればな、と......。

―― それで十分、ホームランを打てますからね。

清宮 いやぁ、どうですかね(笑)。そこはわかんないですけど、打てればいいなとは思います。ただ、ツーストライクに追い込まれてからの考え方は、変えていかないといけませんね。