2019.01.31

根尾昂はすべてをプラスにする天才。
キャンプで二軍スタートも問題なし

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

 ドラフト後、プロのイメージについて尋ねると、「こんなんとか、こんなんですよね」と右手の指先を上下左右に動かし、「とんでもない」という感じでボールの軌道を表現した。ぼんやりとしたイメージのなかで、「苦労する準備はできている」と言いたげな表情を見せた。

「プロはとんでもない世界だと思いますけど、今の自分のレベルでずっといくわけじゃないので。このレベルのままだったら、もちろん通用しないですけど……。もっと成長するところを求められていると思っていますし、自分もそのつもりです」

 1年目の取り組みについて聞くと、「体づくりと一軍経験がテーマで、そこから2年目でどう変わっていけるか」と答えが返ってきた。

 野球人生のなかで初めて迎える野手専念のシーズン。どんな成長が待っているのか、期待は膨らむばかりだ。

 取材時、キャンプの話題に触れると、「楽しみです。いっぱい練習試合です」と目を輝かせていたが、残念ながら二軍スタート。しかし、根尾にとってそれは大きな問題ではないはずだ。

 つい先日、キャッチボールを再開したという記事に根尾のコメントが載っていた。

「できることはしっかりやろうと、やらせていただきました」

 いつの時も、どこにいても、やるべきことは変わらない。スタートの小さなつまずきもきっとプラスにとらえて、根尾のプロ1年目は順調に進んでいくに違いない。

関連記事