2019.01.31

広島の新人・林晃汰は練習の虫。
一軍でホームラン1本の恩返しを誓う

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Sportiva

 この言葉に高嶋がこう反応した。

「ええチームに指名してもろうた。よう練習するヤツなんでぴったりや」

 林自身「練習は好きなのでそこは苦じゃない」と語るほど、練習の虫。プロのイメージを聞いた時もこう答えていた。

「プロは1日中、野球のことを考えられる世界。どうやったら打てるようになるかとか、どういうトレーニングをすれば野球につながるかとか……野球のことだけを考えられる世界に行けることがすごく楽しみです」

 野球漬けの生活を心待ちにしている。そういった意味で、まさに広島向きと言えるし、なによりプロ向きの選手である。その点を認めた上で、高嶋からはこんな注文があった。

「林は性格的にちょっと優しいところがある。『ここが勝負!』という打席で、高校時代はなかなか打てずに苦労した。メンタル的に育てきれなかったというのが、悔いとして残っています。ここからその面が強くなっていけば、技術も育ってくるだろうし、林のよさがもっと出てくるはず。プロでの成功のカギはそこやと思っています」

 そう語る高嶋が「あれはすごかった」と、林を語る時に必ず口にする一発がある。高校2年の春先、岐阜での練習試合で放った本塁打だ。この日、ダブルヘッダーの智弁和歌山は1試合目に敗れたあと、選手たちは高嶋の指示でランニング、腹筋、背筋と続き、食事をとることなく2試合目に突入。するとその初回、林はライト場外へ、まさに打球が消えていくほどの大アーチを放った。高嶋が振り返る。

「1試合目は林のミスもあって負けたんで、試合後にボロカス言うて、追い込んで、メシも食わんと2試合目。その1打席目やったんやけど、『クソったれ!』という気持ちが体から出とった。それで140メートル。ホンマすごい当たりやったし、あの打球を普段から出せるようになったら、とんでもないバッターになりますよ」

 林に当時の心境を尋ねると「意識朦朧でよく覚えていません」と笑ったが、”強打の智弁”をつくり上げた高嶋も驚く、伝説の一発だった。