2019.01.24

カープ首脳陣が長野久義に期待。
「化学反応を起こすのは間違いない」

  • 山岡則夫●文 text by Yamaoka Norio
  • photo by Kyodo News

「誰が見てみすばらしい選手であることに間違いはない。確実性もあるし、右方向にも打てて、足もあるから盗塁もできる。とくに『ここぞ』という場面で結果を残している印象があります。これは投手として本当にイヤな選手ですね。

 あとは、狙い球を絞って、決め打ちするイメージがある。だけど、状況に応じて打ち方を変える時もあるというか、追い込まれてからうまく拾ったり……そういう意味で、センスの塊ですね。戦力としても大きいし、そういう選手と一緒にプレーできるのは、投手、野手とも大きい。すべてにおいてプラスに働くと思いますよ」

 倉義和二軍バッテリーコーチは、現役時代に捕手として対戦経験があり、最も間近で長野のバッティングを見てきたひとりだ。

「きっとみんな同じ印象を持っているんだろうけど、本当にイヤな打者。バットコントロールがすばらしく、右方向にも長打が打てる。とくにチャンスの時に回ってくると、いつも打たれるような気がして、細心の注意を払っていたのを覚えています。

 ケース打撃がうまいというか、状況判断や対応力に優れている。捕手としていつも気にしていたのは打席での立ち位置。ホーム寄りに立ったり、下がったり、投手寄りに立ったと思えば、捕手側に寄ったり……打席ごとというか、時には1球ごと変えてくる。それを必ず確認する必要がありました。臨機応変さはすごかったですね」

 迎祐一郎一軍打撃コーチは、長野を知るのはこれからだと強調する。

「正直、試合中にそこまで長野をしっかり見たことはないですね。だから、これからしっかりと見て、コミュニケーションをとって、長野という選手をもっと知らないといけない。先発だけでなく、代打での出場もあるでしょう。適材適所を見極めるもの我々の仕事ですから。

 でも、まったく心配はしていません。実力者であり、人間性もすばらしいことは十分わかっている。対戦相手に巨人がひとつ増えるだけで、他球団の投手へのアプローチは変わらない。コンディションを含め、自分のペースで実力を出してほしいですね」