2019.01.22

巨人・岡本和真に忍び寄る2年目の
ジンクス。克服のカギは左足にあり

  • 木村公一●文 text by Kimura Koichi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 とはいえ、口で何を言おうと、打席に立つのは選手本人だ。もし岡本に助言できる立場だとしたら、「4番を意識するな。6番あたりのつもりで日々を過ごせ」と言いたい。無論、私が巨人のコーチなら、安易に言うべきではない言葉でないことぐらい理解している。しかし、”巨人の4番”という重荷を背負わせることに、どれだけの意味があるのだろうか。大事なことは1本でも多くのヒット、ホームランを打ち、成績を残すことであり、4番を打つことではない。

 いずれにしても、今シーズンの岡本を占う上で見逃せないのが”左足”だ。スクエアに踏み出して、しっかりボールを叩けるか。その原点さえ見失わなければ、”2年目のジンクス”をものともせず、相応の活躍をしてくれるはずだ。

(つづく)

関連記事