2019.01.11

ヤクルト村上宗隆は1年目で風格。
首脳陣も「4番しか考えられない」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

 村上が課題とする守備については、森岡良介二軍内野守備・走塁コーチに話を聞いた。

「正面で捕るという基本を大切にして練習してきました。そのなかで、逆シングル、シングルキャッチなどのバリエーションも増やしてやっています。打球に対しての反応やとっさの判断力など、まだまだです。技術的にも、一軍で通用するレベルには達していません。ただ、できることはすごく増えました。ゼロからのスタートなので伸びしろはたくさんありますし、取り組み方がすばらしい。『絶対に活躍してやるんだ』という気持ちが強いですし、近い将来、安心して見ていられる選手になると感じていますし、楽しみですよね」

 フェニックスリーグでは、村上がアップ、練習、試合を通して、積極的に「声出し」している姿が強く印象に残った。

「本人が頑張って声を出しているのが伝わってきますよね。声を出すことは大事なことで、チームの雰囲気もよくなります。それを意識して出せる能力がありますよね。強いチームは中心選手が声を出していますし、僕としてもそうなってほしいです。本人もそこを意識してくれていると思います」(森岡コーチ)

 フェニックスリーグが終わると、村上は松山での秋季キャンプに参加。そこで待ち構えていたのは、宮本慎也ヘッドコーチや石井コーチといった”鬼コーチ”たちだ。

 村上が”サンドバッグ”と呼ばれる打撃練習中、石井コーチから「ここからギアを上げることが進歩の差。抜くなら誰でもできるぞ!」と檄が飛ぶ。村上は声を振り絞りながらサンドバッグにバットを叩きつけた。その様子を見ていた石井コーチが言う。

「やっぱり、サンドバッグを叩く力や音に抜きん出たものを感じますよね。もう4番しか考えられないですよ(笑)。村上こそ、”将来の4番”として育てないといけない選手だと思っています。ファームの試合で結果を出していますし、誰もがすごいと感じています。でも僕から見ると、果たしてこれで一軍のパワーピッチャーたちに通用するかと言えば……『?』なんです。