2018.12.27

元巨人・山口鉄也が語るプロ人生
「工藤公康さんとの出会いで変わった」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

―― アメリカで得たものは何でしたか。

「ハングリー精神ですかね。高校までは練習が嫌いで、あまり一生懸命やった記憶がありません。それでもレギュラーとして試合に出られましたし、野球の壁にぶち当たったことはなかった。でもアメリカでは、自分より速い球を投げる選手はいくらでもいますし、バッターもすごい打球を打つ選手ばかり。はっきり言って、自分よりうまい選手ばかり。そういう彼らが、練習が終わったあとにウエイトや個人練習をやっているんです。その姿を見て、彼らは生活や人生をかけて野球をやっているんだなと。自分も変わらなきゃと思って......」

―― アメリカで4年間プレーし、その後、帰国して横浜(現・DeNA)、楽天の入団テストを受けるも不合格。しかし、最後に受けた巨人に育成選手として入団することが決まりました。帰国を決めた理由、入団テストを受けた経緯を教えてください。

「アメリカではマイナーでも最下部のリーグで、結局4年間、上のカテゴリーには行けませんでした。一緒にやっていた選手がメジャーに上がったりするなかで、自分はいつまで経っても上がれない。気がつけば、ルーキーリーグのなかでベテランになっていた(笑)。さすがに、このままここでやっても芽は出ないなと思って。

 そこで、また高校の先輩に相談したら『日本のプロ野球のテストを受けてみないか』と。せっかくアメリカで4年間やってきたわけですし、最後にこんなチャンスをもらえるならやってみようと。でも、横浜も楽天もダメで......。自分のなかではどこを受けても無理だろうと思っていたのですが、『最後は巨人だ』と。『球団によってほしい選手も違うし、見方も違うから受けるだけ受けてみろ』ということで巨人のテストを受けたら育成選手として契約してくれると......」

―― 最初、育成選手として契約すると言われた時はどんな心境でしたか。

「育成制度ができた年だったので、それがどんなものかまったく想像できませんでした。プロ野球選手になれる、巨人のユニフォームを着られるというだけで嬉しかったですね。だから支配下選手になりたいとか、一軍で活躍したいとか、具体的な目標は何もありませんでした。入団してからですね、次々と目標が出てきたのは」