2018.10.27

ドラフト総括。高校生大量指名の
巨人に「長期政権」への布石を見た

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 垣越は、山本昌さんそっくり(笑)。体も大きく、球持ちがすばらしい。ストレートは140キロそこそこですが、球持ちがいいから打者は表示速度よりも速く感じると思います。それに183センチ、93キロの巨漢左腕ですが、剛腕タイプではなく、変化球をうまく使って打ち取るタイプ。意外と早くから活躍するんじゃないかと思います。

 根尾を引くだけでも十分に100点をあげられますが、しっかり将来性を見据えたドラフトでしたね。

 この中日と同じぐらいうまい指名をしたのが西武です。各球団が高校生野手を指名するなか、松本を一本釣り。今年、西武は10年ぶりのリーグ優勝を果たしましたが、チーム防御率4.24はリーグワースト。しかもこのオフには、菊池雄星がメジャーに移籍するかもしれない。どう考えても、補強ポイントは投手だったわけです。

 松本ですが、個人的には今年のドラフト候補のなかでナンバーワン投手だと思っています。球が速いのはもちろんですが、その日使える変化球をちゃんと用意してマウンドに上がっている。投球術に長け、けん制、フィールディングもうまい。投手に必要な要素をすべて兼ね備えたピッチャーだと言えます。間違いなく1年目からローテーションに入ってくる投手ですね。

 そして2位には地元・浦和学院の渡邉勇太朗(投手/右投右打)。正直、外れ1位で指名されていても不思議ではない逸材です。彼も梅津同様、ケガや病気もあって本格的に投げたのは今年に入ってから。指名を見送った球団は、おそらく経験の乏しさ、ケガの多さが原因だったと思うのですが、彼の長所は190センチの長身でありながら、ボディーバランスがすばらしいところにあります。これからプロのトレーニングを積めばもっと体も強くなりますし、まだまだ伸びる選手です。

 また、FA移籍が噂されている浅村栄斗の後釜候補として3位で山野辺翔(三菱自動車岡崎/内野手/右投右打)を指名。手薄なリリーフ陣の補強として4位で粟津凱士(あわつ・かいと/東日本国際大/投手/右投右打)、6位で森脇亮介(セガサミー/投手/右投右打)を指名。