2018.10.27

ドラフト総括。高校生大量指名の
巨人に「長期政権」への布石を見た

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

 プロ野球のドラフト会議が25日に行なわれ、支配下ドラフトで83人、育成ドラフトで21人の計104人が指名を受けた。

 4球団の指名が重複した根尾昂(大阪桐蔭/投手・野手/右投左打)は中日、同じく4球団競合の小園海斗(報徳学園/内野手/右投左打)は広島、3球団競合の藤原恭大(大阪桐蔭/外野手/左投左打)はロッテがそれぞれ交渉権を獲得。この夏、甲子園を沸かせた吉田輝星(金足農/投手/右投右打)は外れ1位で日本ハムが単独指名。大学生では西武が松本航(日本体育大/投手/右投右投)の一本釣りに成功。また、楽天は外れ1位で4球団競合の末に辰己涼介(立命館大/外野手/右投左打)の交渉権を獲得した。

 果たして、今回のドラフトで思いどおりの指名ができた球団はどこなのか。アマチュア球界やドラフト事情に造詣が深い安倍昌彦氏に振り返ってもらった。

注目の根尾昂は4球団による競合の末、中日が交渉権を得た 西武をのぞく11球団が高校生野手を1位で指名するなど、これまでにない異例のドラフトになりました。そうした状況で、根尾を引き当てた中日、小園の広島、藤原のロッテは成功と言えるのではないでしょうか。

 なかでも中日は、2位で梅津晃大(東洋大)を指名。ケガの影響で、本格的に投げたのは今年の秋のリーグ戦から。”リーグ戦0勝”が話題になっていますが、ポテンシャルはチームメイトでDeNAから1位指名を受けた上茶谷大河(投手/右投右打)やソフトバンク1位の甲斐野央(投手/右投左打)よりも上だと思っています。それぐらい将来性が楽しみな選手。言ってみれば、1位の選手をふたり獲ったようなものです。

 さらに中日は、4位で石橋康太(関東第一/捕手/右投右打)、5位で垣越建伸(山梨学院/投手/左投左打)の高校生を指名。石橋は強肩強打の捕手で、頭がよく、リードもいい。キャプテンシーのある選手で、3年後には正捕手になっている可能性があります。