2018.10.14

荒木大輔は清原和博に被弾。試合後、
野村監督の小言にカチンときた

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――このシリーズでは第2戦の先発を任されました。初戦は杉浦享さんの代打サヨナラ満塁ホームランという、劇的な勝利を受けての一戦でした。

荒木 「絶対に勝ちたい。絶対に勝つ」という思いでマウンドに上がりました。でも、西武打線は全員が一流選手だったので、「勝てるわけがない」というか、力ではすべてにおいて向こうが上でした。それまで、テレビで日本シリーズを見ていた感覚があったからなのか、打線を見ても、ずらーっとあれだけの選手が並んでいるわけですから。意識したのは「クリーンナップの前には走者は出すな」ということぐらいでした。でも、翌1993年は「負けるわけがない」という思いでしたけどね。

――そんな思いで臨んだ1992年の第2戦。この日の調子はいかがでしたか?

荒木 ものすごく集中できていたし、調子はよかったと思います。

――この試合では6回を投げて、被安打は5、2失点。清原選手に打たれた2ランホームランが決勝点となって、0-2でスワローズは敗れ、荒木さんは敗戦投手となりました。

荒木 清原に打たれたカーブは失投ではなかったと思いますね。今でもよく覚えているのは、この試合の後のミーティングで野村(克也)監督に延々とこの場面の話をされたことです。「あれだけの強打者に対して、ずーっとカーブを続けている......」って言われたけど、清原はこのとき、カーブにタイミングが合っていなかったんです。だから古田もカーブのサインを出したし、僕も迷いなく投げた。

――それでも、野村監督の話は止まらなかった。

荒木 「あれだけカーブを続けたら打たれるだろう、馬鹿野郎」って言われて、僕もカチンときて、「じゃあ、何を投げればいいんですか?」と言い返しましたよ。野村さんに対してそんなことを言えるなんて、自分でもすごいなって思うけど。いくらタイミングを崩したとはいえ、結果的にホームランを打たれているのにね(笑)。古田もすごく怒られていたので、申し訳ないことをしましたね。