2018.09.26

広島1強を止めるセのドラフト戦略。
中日は根尾を捕手で獲得すべき!?

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

●読売ジャイアンツ

 4年連続Ⅴ逸という球団ワーストタイ記録をつくり、CS進出も怪しい状況の巨人。今シーズンは岡本和真が一本立ちし、吉川尚輝や重信慎之介といった大卒組も大健闘。徐々に世代交代は行なわれつつあるが、長野久義、陽岱鋼、亀井善行はいずれも30代で、故障の心配もある。この際、一気に若返らすのも手だ。

 まずは外野手だ。1位で藤原恭大(きょうた/大阪桐蔭/左投左打)か、辰己涼介(立命館大/右投左打)を獲っておいて、4位あたりで笹川晃平(東京ガス/右投右打)を狙う。3人ともバッティング技術に長けているが、俊足も魅力。重信を含めた"快足外野手トリオ"が実現すれば、失点は大幅に防げるはずだ。

 そして2位で勝又温史(あつし/日大鶴ヶ丘/右投左打)。投打ともに魅力の選手で、プロ入り後はどちらに専念するのかわからないが、プレーの質、センスのよさは大阪桐蔭の根尾や藤原と比べてもまったく遜色ない。

 3位に戸郷翔征(とごう・しょうせい/聖心ウルスラ/右投右打)が残っていればもうけものだ。ストレートの球速は高校トップ級。急成長中の2年目の高田萌生(ほうせい)との"出世競争"が実現すれば、久しく遠ざかっている優勝も見えてくるはずだ。