2018.09.12

年齢とともに変化を。巨人・山口鉄也が
胸に刻んだ中日・岩瀬の金言

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

──シーズンが終盤に差し掛かり、セ・リーグでは2位以下のCS争いが熾烈になっています。現在の1軍の投手陣をどのように見ていますか?

「今の1軍の状況はわかりませんが、僕がいたときの投手陣は"軍団化"して目標に向かっていたと言いますか......。内海(哲也)さんや杉内(俊哉)さんを筆頭に、練習ではもちろん、食事をする時も常に一緒にいたような気がします。野球の話や、ときには冗談を言い合うなどして結束を深めていました」

──今はリリーフ陣が厳しい状況にあるようにも感じますが。

「マシソンやカミネロが離脱してしまったので、手薄になった感は否めません。それでも、全員が次につなごうと頑張っている。僕も一日でも早くその中に入りたいです」

──ファームでのホームゲームが行なわれる読売ジャイアンツ球場に足を運ぶファンも、山口投手の復帰を待ち望んでいると思います。

「ジャイアンツ球場はよく声が通るので、投げているときも『1軍で登板するのを待っているぞ!』といった声援がよく聞こえます。そんな温かい言葉が励みになっているので、恩返しがしたいですね。

 もし1軍に上がったら、『次はない』という覚悟で臨みます。チームのため、自分のため、家族のため、そしてファンの皆さんのために、がむしゃらに腕を振りたいです」

関連記事