2018.08.24

元東大のエース・宮台康平の覚悟。
「プロは勉強を逃げ道にできない」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

──投球面でのこだわりはありますか?

「これは大学のころから意識していたことですが、どんな強打者相手にも立ち向かっていく気持ちです。球種としては、ピッチングの基本となる強いストレートを投げること。そのためのフォームと強い体を、登板までの時間をうまく使って作っていこうと思っています」

──直近の2、3試合はいい投球が続いていましたが、荒木大輔2軍監督をはじめ、首脳陣の方からアドバイスはありましたか?

「よかったところと悪かったところを登板ごとに指摘してもらっています。たとえば、『立ち上がりはテンポよくいけたけど、4回5回から荒れてきてフォアボールが増えたから早く立て直せるようにしよう』といったように。先発としては6回、7回くらいまでいってほしいとも言われていますし、そこが課題なのは自分自身でもよくわかっています。投げることで課題はたくさん見つかるので、それをひとつずつクリアしていきたいです」

──これからの夢はありますか?

「目標になりますが、今季中に1軍に上がることです。同期の清宮が先に1軍でプレーしたことは励みになっています。その先の夢は、実際に投げてから見つけていきたいと思います」

「今季中に」という目標はすでに達成された。これから、宮台の新たな挑戦が始まる。

関連記事