2018.08.24

元東大のエース・宮台康平の覚悟。
「プロは勉強を逃げ道にできない」

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

──練習や登板がないオフはどのように過ごしていますか?

「友達と会ったり買い物をしたり、温泉が好きなので近くのスーパー銭湯に行ったりしてリラックスしています。あとは、同期入団のピッチャーの鈴木(遼太郎)や田中(瑛斗)とよく食事に行きます。先輩だと、やはりピッチャーの吉田(侑樹)さんとご一緒することが多いですね。関西出身の方なので話がとても面白いんです(笑)」

──食事をしながらアドバイスをもらうことも?

「いえ、オフはあくまで"野球から離れて切り替える時間"として過ごすようにしています。練習ではたまに話を聞きにいくこともありますが、基本はグラウンドで先輩方の投球を見て、『こうやって投げているんだ』『どういう意識で投げているんだろう?』という発見を自分なりに解釈し、『自分だったらこうやる』といったように落とし込んでいます。

 自分なりに今の状況を整理しながら、そこからどうやっていい方向に持っていくかを考えているので、この"気づき"はとても大事にしています。それがなければ、毎日が単調になってしまう。練習が惰性にならないように、自分が成長するために、常にアンテナを張り続けていきたいです」

──宮台選手ともなると、科学的なトレーニングなどを独自に研究して取り入れているのでは、とも思ったのですが。

「今まではやってこなかったですね。これからはそういったことも考えていったほうがいいかもしれません。でも、今は"お手本"になる選手たちが周りにたくさんいるので、それを参考にしていきたいです。頭ではわかっても、イメージ通りに体が動くものではないですけどね。突っ込んじゃいけないとか、下半身始動で投げるとか、それを高いレベルで再現するのは本当に難しい。そこは反復練習というか、数をこなすことでしか身につかないのかなと思います」