2018.06.22

「お前ら負け犬か」石井コーチの檄から
ヤクルトが王者になっちゃった

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 そしてこう続ける。

「交流戦を振り返ると、投手陣の頑張りが大きかった。ようやく”持ちつ持たれつ”の言葉がしっくりくる戦いができました。打者が打てないときは投手が抑え、投手が打たれたときは打者がそれ以上に打って勝つ。本当に選手たちの頑張りにつきます。とはいえ、交流戦最高勝率に満足したくないですよね。反省するところも多々あったので、それをこれからのリーグ戦でどう生かしていくのか」

 交流戦前にあった借金は9から3にまで減らし、同率4位ながら2位のDeNAとは0.5ゲーム差の位置につけている。今日からリーグ戦が再開されるが、ヤクルトは”地に足をつけた戦い”で虎視眈々と上位を狙う。

◆山本昌はプロ入り前のヤクルト中尾輝をこんなに高く評価していた>>

◆ヤクルトに献身する坂口智隆。バレンティンも「グッチとは通じ合う」>>

関連記事