2018.06.05

クビ寸前から虎の大エースへ。
メッセンジャーを変えた「ジョーの助言」

  • ブラッド・レフトン●文 text by Brad Lefton
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 特に今年のキャンプで印象に残ったのは、236ポンド(約107キロ)まで体を絞っていたことだ。これまでの最高は、メジャー時代の280ポンド(約127キロ)だったとメッセンジャーは言う。

「プロになって今年が20年目なんです。長いことプレーしてきて、これまで関節とかに痛みが出たことはなかったんですけど、体重が重いといつか壊れるんじゃないかと思って……。

 今、私には4人の子どもがいるんですが、その子たちのためにも少しでも長く野球を続けたいし、少しでも一緒にいたいんです。今の体で朝起きると、すごくエネルギッシュですね240ポンド(約109キロ)くらいが一番いい感じです」

 日本野球を力でねじ伏せてやろうと思っていた選手が、皮肉にもカーブを有効に使い、体を絞ったことで記録にも記憶にも残る選手となった。そうした柔らかい発想ができるようになったことこそが、メッセンジャーを超一流の選手へと押し上げた一番の要因なのだろう

◆山本昌は阪神ドラフト1位・馬場皐輔の馬力をどう評価していたか?>>

◆「大谷翔平におったまげた」NYの記者4人。未来予測は意見が割れた>>

関連記事