2018.04.25

大爆発、中日のアルモンテ&モヤについて、
あの打撃投手に聞いてみた

  • 寺崎江月●文  text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

──過去に日本でプレーした外国人打者に例えると、誰と共通しているタイプですか?

久本 うーん。誰だろう? モヤのほうはリーチが長く、むかし日本ハムに在籍していたセギノールみたいだって、すぐ頭に浮かんでくるのですが......。(少し間を置いて)アルモンテは足が少し速くなった広島カープの松山竜平ですかね。流しても飛距離が出ますし、柔らかなバッティングをするところが共通しています。なんとなく体型も似ていると思いませんか(笑)。

──なるほど。ただ、松山は外国人ではありませんが......(笑)。野球のプレー以外も含めたアルモンテ選手の魅力はどのような部分ですか?

久本 打撃に関しては専門ではないので上手には語れませんが、野球以外の部分についていえば、彼はとても紳士です。普段から落ち着きがあります。外国人のなかには成績によって気持ちが左右してしまう選手がよくいるのですが、彼の場合は常にメンタルが一定なんです。気分屋ではありません。なかなか、できるようでできない行動です。その辺りが魅力でしょうかね。

──現在、アメリカの市民権取得手続きのためにビシエド選手が一時帰国中です。その間に代役として一軍に昇格したモヤ選手が大爆発していますが、彼らの状態はいかがですか?

久本 ビシエドの調子は上向きでした。打撃内容と数字がかみ合っていないだけだったので心配ないです。モヤも二軍での活躍が認められ、日本の投手のクイックモーションにも慣れて最高の状態で昇格しました。結果は見ての通りです! このままずっとこの調子を維持してもらいたいですね。