2018.04.14

「ポスト古田」として契約金7500万円
もらった高卒捕手が見たもの

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

──ブルペンでキャッチャーが捕球する時の音が悪いと、ムッとする人はいましたか?

米野 たまにいましたね......いや、よくいます(笑)。ピッチャーは自分のボールが最高だと思いたい人たちなので。いいボールがきているのにボソッと捕っちゃうことがあって、そんな時には本当に申し訳ないと思います。

──ピッチャーからすれば「オレのボールが悪いのか、おまえがヘタなのかどっちだ?」ということでしょうね。

米野 「いいボールすぎてキャッチングが悪かった」と謝ります。先輩だったら、2、3回重ねて「すみません」と言いますね。一軍で活躍されているピッチャーのボールを受ける時には緊張しました。

──一軍で初めて試合に出た2001年。家族や友達に「プロ野球選手になったぞ」と胸を張って言えるようになったのはいつごろですか?

米野 プロ3年目の2002年に古田さんが故障した時にチャンスをもらって、初ホームランやサヨナラヒットを打ったりしました。自分の中では「やっとプロ野球選手になれたかな」という思いはありました。でも、2005年までは一軍と二軍を行ったり来たりで。

──チームでは3番手か4番手のキャッチャーだったということですね。

米野 そうです。2006年に116試合出たシーズンが僕にとって最大のチャンスでした。

──2005年秋に古田さんが選手兼任監督に就任しました。これまでと同じようにマスクをかぶるわけにはいかないから、米野さんをレギュラー捕手にという流れでした。

米野 監督が代わったことで当然、チームも変わります。自分にチャンスが来るという予感はありました。

──2005年オフには年俸が900万円から1400万円に上がりました。これにはレギュラーとしての期待料が含まれていたんでしょうね。

米野 おそらくそうです。球団の人からも「来年がチャンスだぞ」と言われたように思います。いつもの年以上に気持ちを入れました。